抗酸化作用で人気のビタミンC誘導体の効果を知ろう

肌への浸透力が高い成分

スキンケア

種類や浸透を高める使い方

ビタミンCを肌に浸透させやすくしたビタミンC誘導体には、水溶性、脂溶性、APPSの三種類があり、それぞれ特徴があります。水溶性は短い時間で角質層へ浸透するため即効性が高いことが特徴的で、化粧水や乳液に使用されることが多いビタミンC誘導体です。即効性は高いですが持続力は弱く、高濃度のものですと肌に刺激を感じることもありますが、ニキビケアや美白に効果が期待出来ます。もともと水溶性のビタミンC誘導体に油を結合させて、より皮膚に浸透しやすくしたものが脂溶性のビタミンC誘導体です。水溶性ほどの即効性はありませんが、肌への刺激が少なく持続力が高いので乾燥肌や敏感肌にも向いています。APPSは水溶性と脂溶性のいいところを合わせたようなビタミンC誘導体で、浸透力がより高いと言われています。ニキビや毛穴のケア、美白などすぐに効果を実感したい場合は水溶性、敏感肌の方は脂溶性など、それぞれの特徴でビタミンC誘導体を選ぶのが最適です。ビタミンCの皮膚への吸収を高める効果的な使い方として、洗顔した後にまずビタミンC誘導体を使ってから、保湿をすると言う方法があります。ビタミンC誘導体はほとんどの場合保湿力が弱いので、ビタミンCを皮膚に浸透させてから化粧水や美容液を使うことで、乾燥を防ぐようにする方法です。肌質や肌の悩みに合わせてビタミンC誘導体の種類を選び、効果的にケアすることで美肌へと近づいていくことが期待出来ます。